2013年05月31日

雑用建築現場

起きてすぐ、眠気を取るためタバコを吸いまくった。電車に乗ったあとも眠気が取れなかった。
現場に着いてKY、伝票を書く。そんなことをしているうちに、朝礼の時間になった。ラジオ体操がだるい。今日から埋め戻し。まずユンボの回送が来る。予定ではダンプは25台前後。
1ゲートに立つ。ユンボが入ったあと、一服。作業員は単管を外したり、法面のブルーシートを取ったり、埋め戻しの段取りをしている。
ダンプは3台の折り返しだった。
6台目のダンプが出るときに、ゲートにダンプの後ろをぶつけた。ゲートは異常なし。
作業員がすぐ出てきた。「ゲート、大丈夫ですよ。それよりダンプ大丈夫ですか」と作業員がダンプの運転手に聞く。仮設にぶつけようがどうと言うことはないと思っていた。これは交通誘導員の問題かもしれないとは思った。けれど、まだ眠い。
10時半、一服した。午前中が長い。
12時、12台目が出てから公園に行った。頭が痛い。
昼礼。
13時半、15台目が出た。詰所に行った。椅子に座っているとき、めまいと耳鳴りがした。
順調にダンプは続く。
15時前、作業員に言われた。「砕石来るって言ってるんですけど。いいすか、先に休憩しちゃって」
「どうぞ」笑顔で答えたはず。こっちは遊んでいるようなものだ。埋め戻しのダンプが先に来た。砕石のダンプが来ないと、サボれない。それ以外考えていなかった。
16時、砕石のダンプが入った。あと1時間の辛抱だ。
砕石ダンプがまったく動かない。一服に行く。
16時50分、現場事務所に行く。サインをもらって、着替えて17時ちょうどに現場を出た。終了。

失業と隣り合わせ。今現在、失業しているのと変わらない。唐突にそう思った。その生活を脅かさない趣味とはいったい何だろう。失業状態を維持するための趣味なら必要ないではないか。
コメントありがとうございます
【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

中止

5時前、起きる。また寝た。
7時半、会社からの電話で目を覚ました。「待機で。連絡来たら連絡しますので」今日も雨が降りそうだった。眠い頭でやらない方向でと願った。
会社から電話がかかってきた。「業者さんから連絡ありまして、2班体制を1班だけでやるっていうんで、元レーサー体調と自称ベテランさんに行ってもらおうと思いますので、休みになります」
「はぁーい、了解ー」だるく答えた。実はうれしくてしょうがない。
また寝た。

書くことがない。
コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

中止

5時半、アラームで目を覚ました。今日は歩いて行ける下水道工事の現場。ベランダから外を見た。降りそうな雲行きだ。
7時半、電話があった。「中止連絡がありました」
雨はまだ降っていないけど、中止は喜ばしい。
Amazonで買った橋本治の本を読んですごした。
今日は天候不順による休み。下請業者が天候を見て、やるかやらないかを決める。それに従うだけ。

橋本治『ああでもなくこうでもなく』
「人間は、存在理由が曖昧になると平気で退廃する。でも、退廃してしまったものは、そのかなり以前から"もういらないもの"になっているんだ」
交通誘導員は存在を始めた瞬間から「もういらないもの」だったのではないだろうか。
コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 20:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

当欠 中止

昨日の勤務指示は取締役からだった。頭痛で頭がガンガンしていた。いつまで経っても話が核心に届かない。イライラした。大嫌いな作業員のいる現場にワンカップ隊長と組んでと言う。とても取締役の言動を好意的に解釈できなかった。
「明日、当欠するよ」と電話を切った。
今日の朝、電話した。「今日は休みだよね」
会社に呼び出された。叱られはしなかった。取締役への愚痴を二つばかり言った。管制教育のための素材に利用された。
「11時会社に来て。緊急入ったから」と社長に言われた。
「うえーい」と返事をして会社を出た。心療内科に行った。雑談といつもの薬。ビタミン注射をされた。
会社に行くと、「現場は中止」と言われた。寮に帰った。

当欠したことを反省していない。反省する必要も認めない。会社に顔を出した休日だった。それだけの一日。何もしていない。
posted by 鬱警備員 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

雑用建築現場

アラームで目を覚ます。眠いままベッドから這い出す。机につっぷして寝た。10分くらい眠っていた。タバコを吸って、顔を洗う。眠気はとれない。行きの電車の中でもずっと目をつぶっていた。
KYを事務所へ取りに行く。「生コンは午後から。昼前にポンプ車が来ます」監督に言われた。
「はい、会社から聞いてます」
朝礼。1時から27立米。
朝礼後、監督に言われた。「午前中、現場でやることあります。内職があるんですよ」指示を受けた。アンカーにレベルプレートをつける。レベルプレートをねじを回すようにアンカーに入れる。2、3回、回し入れてからレベルプレートをトンカチで叩く。アンカー付きレベルプレートができあがる。100個入りのハコを4つ渡された。
9時になった。まわす、トンカチで叩くの繰り返しに飽きた。一服する。なにも考えない単純作業だ。まさに内職だと思った。
10時、4箱目に入ったところで休憩した。ゆっくり30分休んだ。誰とも口をきかず、同じ動作を繰り返すのは気が楽だった。
アンカーを終わったところに監督が来た。「もうポンプ来そうなんで、事務仕事はいいです」
「はい」1ゲートに行った。
11時半、一服する。頭が痛い。監督が詰所に来た。「生コン開始、ちょっと遅れるかもしれないです。ポンプが来れないんですって。残業になるかもしれないです」
「はい」1ゲートに行った。12時ちょうど、公園に行った。頭が痛い。ベンチに横になった。
13時、昼礼中にポンプ車が来た。
「来ました」誰に報告するのでもなく報告した。
「プラントに電話しなきゃ」
風邪でぼうっとする頭で1ゲートに立った。モルタル、生コンが続けて入った。今日は腰壁だから、生コン車はしばらく出ない。一服に行く。
14時半、2台目の生コンが来た。片交のふり。監督が来る。「生コン4台目まで出しちゃってるんですよ。来たら、ここじゃないところで待機で」
「はい」返事をするのも億劫だ。
15時、ようやく1台目の生コンが終わった。路上待機の生コンを入れた。あーっと大きくため息をついた。残業代がもらえるからいいとは、とても思えない。苦痛だ。
16時半、路上待機の生コン車を指して監督が言った。「5台目ですよね。あと2台呼びます。若干数量勘違いしてて、1台はまるまる使うんですけど、もう1台は最悪そのまま返す形になります」
「はい」
17時、5台目が出た。6台目を入れる。17時24分、7台目が来た。
打設を終わって、戻しを終わった生コン車が出たのが17時40分だった。早く出せよ、ポンプと思っていた。
18時を少し回ってからポンプ車が出た。サインをもらって終了。残業1時間。頭痛い。

やる気がないのは病気のせいか。ならば、仕方がない。一生つきあっていかなければならないであろう病気だ。一生やる気のないまま、何もやらずに死ぬ。やればできるとは思わない。できないのだ。できないからやれない。そういう人間になった。
コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

歩行者誘導

ひさしぶりに近所の下水道工事、雑用建築現場以外の現場に行く。相方は落武者。そして大嫌いな作業員のいる土建屋。
7時半、現場最寄り駅で待ち合わせる。
「全部やって。休憩回すのも、伝票もどういうことやるかも全部落武者が作業員に聞いてやって」会った瞬間に言った。
8時、業者が来た。歩道の植栽に植えられた木の根で盛り上がった歩道を根伐りして舗装し直す。歩道と通行止めにして車道に歩行者通路を作る。作業員は交差点の角にあるコンビニでブラブラしている。大嫌いな業者だとやることなすこと全部気に触る。
8時40分、車道でユンボを下ろす。始まり。
カラーコーンを車道に並べた。規制の前後に立った。気持ちが浮かばない。
9時15分、二箇所同時に掘削する。
10時、舗装を残すのみとなった。段差があるだけになった。作業員は落武者がついている掘削場所に行ってしまった。規制している場所に立っていた。辞めてぇーな、もう頑張れない。
11時すぎ、合材が来た。
11時40分、舗装を終わる。冷めるのを待つ。
「早飯にするって。コンビニの方を先に開放してから次に移るって」と落武者が言いに来た。
「で、ガードマンは?離れてもいいの?」
「一人いた方がいいかなぁ−」
「それを聞けよ」
落武者が親方に聞いている。「ガードマン残しておいた方がいいですか」
「いいねぇ。離れるなら角の方だな。そっちの方が規制、がっちりだから」
「先、どうぞ休憩」と落武者に言われる。
「何時まで」
「うーん」迷う落武者。
「12時半だな」と言ってみる。
「12時半だな」落武者も同意する。考えてない。考えないで相手の意見に従っている。私は落武者のために最善の選択をするほど人が良くないよ、心の中で落武者に向かって言った。11時42分から休憩に入った。コンビニの喫煙場所に行く。タバコを吸い続けた。思った。落武者は頑張っている。作業員とコミュニケーションを取っている。今日は落武者以下だと思う。それはそれでいいとしか感じない。
12時半、落武者と交代。
12時45分、作業再開。「はじまるよ」落武者にひと声かけた。落武者は休憩を15分で終わらせて配置についた。
12時55分、開放して次の掘削場所にカラーコーン、看板を持っていって、設置する。立っているだけ。
14時、歩行者、自転車が少ない。
14時44分、プライムコート。私のいる方は段差があるだけの合材待ち。作業員は全員、落武者の方に行った。規制の脇に立っていた。おもしろくない。とてもおもしろくない。
15時すぎ、合材着。合材を作業員ふたりが手降ろししている。
16時40分、開放した歩行者通路と規制の看板、カラーコーンの片付けをやらされた。17時10分、置き場まで何度か往復して片付け終わった。「ありがとう」親方に言われた。うれしくない。たぶん誰に何を言われてもうれしくないだろう。
17時20分、「ガードマン、サインは?」親方に言われた。
落武者にサインをもらうように言った。17時半、終了。落武者は自分の休憩時間が短いことに不満を言わなかった。隊長らしいことしたからか?今度からずっと落武者を隊長扱いしようと決めた。

もし治っているのなら、私は正常な判断のもとに交通誘導はくだらないと考え、辞めたいと思っていることになる。やる気が出ないのも、気分が暗いのも正常だからだということになる。交通誘導員の業務が正常なものを異常にする。この理解は正しいか。
コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

雑用建築現場

5時半、目覚めはよかった。
朝礼を7時半から、生コン打設は8時からと会社から聞いた。そのため、6時15分の電車に乗った。
朝礼、モルタルが8時、生コンは110立米から130立米。午後はフーチンの生コンになる。朝礼後、KYを書いて、1ゲートについた。
8時20分、生コンの1台目が来た。生コン試験。詰所でタバコを吸った。今さらだが、やる気がない。
8時半生コン打設開始。おもしろくない。4台目が入ってからまた一服した。1台ずつ間隔を開けて生コンは入ってくる。出るたびに間隔が空くと、だれる。
10時、一服した。
11時、10台目路上待機。これ以降、路上待機1台となった。
11台目を指さしてデリバリーが言った。「これ入れて、6台」
「はい」午前中に16台入れるのか。
16台目が路上待機しているとき、「これでお昼です」デリバリーに言われた。「開始1時から」
昼。公園に行った。今日は比較的気持ちが楽だと思った。
13時、打設再開。昼礼はなし。
14時半、22台目の生コンが入ってから、待機がなくなった。生コン車が来ない。これで足りたらしい。14時43分、打設終わり。
戻しとポンプの洗い。監督に話しかけられた。
「110立米ぴったりでした。」
「絶好調ですね」
「小数点以下2桁まで出してやったら、ほぼ狂いなく。どれだけ前準備したかで変わるんですね。勉強になります」
なんて返事をすればいいのか分からなかった。
15時すぎ、もどしを終えて生コン車が出た。詰所に行く。作業員やポンプ屋が休憩していた。
15時25分まで休んだ。ポンプが出るのを待つ。
15時50分、また詰所に行った。監督がいた。
「今日はほどよく早めにあがってください。休憩も取れなかったですし。詰所の掃除をかるくしてもらえれば」
「はい」
16時、ポンプが出た。一服する。作業員がなかなか詰所からいなくならない。いなくなるのを待って16時20分から詰所の掃除をした。
16時半、サインをもらって終了。

気持ちは午後の方が楽だが、午後は身体の方がしんどい。
明日になってみなければ、明日の調子はわからない。
posted by 鬱警備員 at 21:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

片交

5時半、起床。7時半、ため息をつきながら着替えた。現場には元レーサー隊長、居酒屋アルバイト、雑一隊長、協力会社の交通誘導員が来ていた。調子悪い。ひと言も言葉が出てこない。いつも通り看板、カラーコーンを用意して現場で待つ。昨日と同じ場所の反対車線。横断しての管入れ。用意を終わる。昨日と同じようにバス停のベンチで一服する。
9時、片交開始。相方は雑一隊長。おもしろくないと感じるのも昨日と同じ。
11時50分から昼の休憩。公園に行った。持参した水筒を枕にしてベンチに横になった。目をつぶった。
12時50分、戻る。片交再開。
16時5分、開放。看板、カラーコーンを置き場に片付ける。
16時半、終了。

おもしろくない。一日中、つらかった。
posted by 鬱警備員 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

片交

7時半、起床。今日も歩いて行ける下水道工事の現場。飽きた。7時50分、現場着。下唇爺、居酒屋アルバイト、元レーサー隊長、それに協力会社の交通誘導員がいた。
「おはようございます」適当にあいさつした。それ以外は黙っていた。話す気力がない。だるい。風邪が抜けきってないからだろうと思うことにする。県道での片交。バス停のよこ。看板、カラーコーンを用意して、バス停のベンチに座って作業員を待った。
9時前、看板を立てて片交開始。信号を無視して片交できる。かなり楽な片交。相方は協力会社。しっかり誘導している。まじめだ。やる気のない私とは大違いだ。破綻なく片交をした。それだけ。
11時50分から1時間の昼休憩。公園に行く。おもしろくない。遊んでいる親子連れの声がうるさい。
きっちり1時間後、戻る。また片交の開始。つまらない。苛立つほどの気力もない。
15時、仮舗装が終わって、冷めるの待つ。
15時半、開放。看板を片付けて、現場事務所に戻る。終了。

もう駄目だ。片交中、車に轢かれてもいいと何度も思った。何もかも面倒くさくなった。生きていくのも面倒くさい。希死念慮か。
コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

雑用建築現場

ちょっと寝坊した。一本、遅い電車に乗った。今はほかの警備会社に移ってしまった交通誘導員と乗り合わせた。35、6歳だったはず。話しかけてきた。風邪気味で調子が悪い。話しかけて欲しくなかった。
「今日、どこ?」
「雑用建築現場」
「今日、舗装。10箇所くらいやるから大変で、もう。家の会社来ない?」誘われた。
「個室の寮があって、冷暖房インターネット完備なら行くよ。光熱費込みで3万くらいで」ハードルを上げておく。
「まだ知ってる人いるかな?」
「名前言ってみれば。たぶんほとんど辞めた」
「俺様隊長」
「いる。いらない奴ほどいる」
「ギャ王隊長」
「いる」
「ワンカップ隊長」
「いる。いらないのが残るんだって」
「うーん」と妙に納得していた。
7時半、現場着。デリバリーが来ている。
7時40分から、朝礼が始まった。会社から何も聞いてない。KYを書き終えて慌てて朝礼会場に行った。朝だけはバタバタする。A工区の基礎コン打設。生コンは8時開始。143立米。30台弱。その他の搬入はなし。1時間、4台来たとしても8時間くらいかかる。一日がかりになりそう。ま、いいや。ひまを見てサボればいいのだろう。
8時すぎ、生コン1台目が入ってくる。一服する。2台目の生コンが来た。路上待機になる。一人片交のふりになる。その後ずっと1台打設、1台路上待機になる。順調に来るが、苛立つ。時間を無駄に過ごしている気がする。
10時すぎ、11台目の路上待機中に一服する。一服しても苛立ちが治まらない。
11時、監督が来た。その生コンの後ろにあと3台、午前中来ます」
「はい」
11時52分、17台目が入った。一服のため詰所に行く。監督がいた。
「あと、1台くらいですかね」
「今、入ってるのが17台目です」
「水分取ってますか?水分取らないと倒れちゃいますよ」ねぎらわれた。けれど、汗をかくほど働いていない。
「はい」とは言ったけれど、汗をかくほど働いていない。
12時5分、17台目が出た。昼休みなる。公園に行く。タバコを吸って、風通しのいい日陰のベンチで休む。
12時40分、戻る。
12時45分、午後の生コンが来た。そのまま打設が始まった。昼礼はなし。午後も路上待機が1台ある。片交のふり。午後も順調。14時、詰所に行った。作業員がいた。いっしょに一服した。午後は、立ち上がり部分なので生コンのペースが落ちた。
15時、26台目が入った。口から出る言葉は、早く行けよ馬鹿。早く打てよ生コン。早くやれ、早く終われだけだった。
16時、29台目、予定通りなら最後の生コンが入った。生コンの戻しもある。しばらく出ない。詰所でゆっくり休んだ。「やっぱり、辞めて−」おもしろくない。
16時15分、1ゲートに戻る。
16時23分、最後の生コンが出た。ポンプが洗い終わるまでの間に一服する。監督が来た。
「お疲れさまです。ポンプ出たら、帰っていいですから。サインしときましょうか、事務所に来なくていいように」サインをもらう。早く帰れ、ポンプ屋と思う。
17時ちょうど、ポンプ車が帰った。詰所で一服した。着替えてすぐに帰る気力がなかった。
おもしろくなかった。つまらなかった。つらかった。

取締役の指示に従っている。それは取締役には何を言っても無駄だと思っているから。会社の中に誰も話し相手がいなくなった。他の警備会社でもいいから転職しようかと思った。真剣にタウンワークを読んだ。
posted by 鬱警備員 at 20:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。