2013年07月08日

雑用建築現場

6時、なんとか目が覚めた。現場着。KYを書く。
8時、朝礼。生コン35台予定。仮設材の搬出がある。2階のスラブコン、外部階段、1階の階段基礎の打設がある。
モルタルが出る。路上待機中の生コンが入る。監督に言われた。
「3台目まで流動化剤入れるんで、サインしてもらえますか」
「はい」
暑い。朝から何もしてないのに、暑い。
10時、生コンが途切れた。
「やってらんないですね。暑いし、ギャーギャー言われるし」監督が言う。
「そうですね」と答えておく。
11時半すぎ、デリバリが言う。
「21台。お昼の出が12時10分なんで、早いと思うんですよ」午前中は21台、午後の生コンは12じ10分にプラントを出る。
12時8分、21台目が入った。ポンプ車の段取り替え。一服してゲートに戻る。日陰に行く。単管バリケードに腰を下ろしてパンを食べた。
12時半、21台目が出た。監督が来た。
「まったく休んでないんですか」
「はい、いいすよ」
「デリバリさんが言うには、45分か50分には来るって言うんで。50分近くになるまでは待機で。15分か20分くらい、みんな休みたいと思うんですよ」
「はい」
「鉄板の照り返しもあるんで、倒れないでください」
12時47分、22台目が来た。
14時15分、30台目が入った。
「1台減らしましたから」デリバリが言う。
14時45分、監督が来た。
「まるまる1台やっちゃいました。来たら手前で伝票もらって、そのまま返しちゃってください。内緒で」
34台目をゲートでUターンさせて帰す。その後、ゆっくり一服する。ゲートで壊れた縁石をはめた。
15時半、デリバリが来て言う。
「結局足りなくて、最後の生コンを呼び戻しましたから。2ゲートから入ってもらって流し込みで。こっちの生コンはポンプ受けしますから。あーっ、すんなり終わったと思ったら」
15時45分、戻って来た生コンに2ゲートの場所を説明する。2ゲートまで行く。監督がいた。
「バタバタしてすみません」
16時半、ポンプ車が出た。監督がすぐにネット回収のユニックを呼んだ。バックで入った。帰ろう。監督に聞いた。
「終わりでいいですか」
「いいす、いいす。すぐあがっちゃってください」事務所に行く。所長にサインをもらって終了。

コメントありがとうございます
【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

休み

不調を訴えたところ、休みになった。ずっとタバコを吸いながら、YouTubeを見ていた。前向きになれない。
情けない。
これじゃ、いけないという話をする相手がいない。自問自答する。ぐるぐる同じところを回っている。

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 22:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

雑用建築現場

5時、アラームで起きた。
7時半、現場着。KY、伝票を書く。3Fスラブコン打設。予定では25台以上。他の搬入はなし。
8時20分、モルタルが来た。生コン車は路上待機になる。鬱っぽい。誰からも話しかけられたくなかった。監督が話しかけてきた。
「生コンが固いって言うんで、流動化剤入れるんで、そのたびごとに運転手さんの伝票にサインしてもらいたいんですよ」
「はい、わかりました」これ以上の返事ができない。
10時、6台目の生コンが来た。路上待機がなくなった。ちょくちょく一服しているけど、この時点でもう疲れた。立っているのがしんどい。
11時50分、18台目が路上待機。ポンプの段取り替えをしている。段取り替えの間、作業員とデリバリは一服していた。戻って来たデリバリに言われた。
「昼なしだから、これの次にプラントから出したのが12時10分だから」
「はい、わかりました」わかったことは、20台目が来るのが12時40分前後になること。20台目が入ってから詰所に行った。一服してカバンからパンを取り出した。ゲートに戻って仮囲いの陰に隠れてパンを立ち食いした。
13時40分、デリバリが待機中の生コンをさして言う。「30台まで入ってます。これのあと4台」
「はい」
ポンプがまた段取り替え。屋上があってブームの旋回ができない。段取り替えが多くなるのは仕方がない。
14時すぎ、「3台増えて33台まで」
「はい」
生コン車が乗り上げたため、歩道の縁石が壊れた。
14時50分、32台目が入った。「あと2台来ます」デリバリが言う。
33台目を打ち終わった。「まるまる1台来るの?コンマ5も使わねぇよ」ポンプの職長がデリバリに話しているのが聞こえた。
「これに戻すから」33台目が指さしてデリバリが言った。33台目を路上に出して、最後の生コンを待った。
15時15分、最後の生コンが入った。5分で生コン打設が終わる。34台目が出て、生コン車の入れ替え。生コンの戻し。しばらく生コン車は出ない。一服。
15時45分、戻しを終わった生コン車が出た。カラーコーン、バーを片付ける。壊れた縁石を元のようにはめた。やっているうちに16時になった。
「月曜日、生コン来ないってよ。忙しくて」とポンプの職長に言われた。
「うぇー」
16時10分、ポンプ車が出た。疲れた。事務所に行った。頼まれたコピーをして、サインをもらう。自分の伝票だけ綴じて終了。

心療内科に行った。待合室はエアコンが効いていて涼しい。
「落ち込んでしまいました」
「やっぱり、鬱の薬、出しときましょう、トレドミン」
「トレドミン。はい、なんでもいいです」
「なんでもいいじゃなくて、真剣に考えましょう」
「考えるのが面倒くさくて」
「面倒くさくなるよね。出しときますね。水分よく取ってください。代謝が悪いとどうもね」
「はい」

コメントの返事は明日します。
posted by 鬱警備員 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

雑用建築現場

2時、ふと目を覚ました。必死に布団の中で目をつぶっていた。眠れた。4時半、起床。
7時半、現場着。詰所には土間屋とデリバリがいた。
朝礼。うじゃうじゃと業者が多い。朝礼が20分くらいかかった。R階と内部階段の生コン打設。予定では25、6台。
ゲートに行くと、モルタルが来ていた。モルタルを打ち始める前に生コンが来た。生コンは路上待機。
9時、内部階段を打ち終えて、ポンプ車の段取り替え。ただ待っているだけの時間が長い。2台目の生コンの路上待機中に一服した。一服から戻ったら、2台目が出て3台目の生コンが入っていた。デリバリが誘導したらしい。交通誘導員はいらないと思った。生コン1台が10分そこそこで出る。順調。
10時、またポンプ車の段取り替え。「ポンプ車が小さくて届かないんですよ」デリバリに説明を受けた。
それでも順調に打設は進んだ。
11時半、「午前中に20台まで入りますから」
「はい、わかりました」
12時20分、またデリバリに話しかけられた。「もう、午後のが出てるので、12時40分くらいには来ると思います」
「はい」昼の休憩がないと内心で思う。
「現場は昼抜きで早くやりたいって言うんだけど、プラントはそうはいかないんですよ」
「はい」
12時半すぎ、20台目の生コン車が出た。あと10分しないうちに午後の生コンが始まる。一服してゲートに戻った。
「お昼の時間帯、道すいてるから35分くらいには来ると思うんです」デリバリが言う。
12時37分、21台目の生コンが入った。
「作業開始まで30分くらいあるから。再開は1時から」デリバリのひと言で一服に行く。
12時50分、バイブレータの音が聞こえた。マジで?なんでそう仕事熱心なんだ?仕方なくゲートに戻った。
14時、「30台まで入りますから。それで足りるだろうってことです」デリバリに言われた。
14時半、30台目が入った。入ってすぐに打設は終わった。一服する。残コンの戻しを終わった生コン車が出た。ポンプが出るまでまだ間がある。一服。
16時10分、ようやくポンプ車が洗い終わって出た。疲れた。事務所に行く。雑伝票が溜まっていた。すぐにでもサインをもらって帰るつもりだったが、雑伝票が多すぎる。17時までやっても終わらない量があった。16時40分までやった。残りの伝票は明日だ。サインをもらって終了。

「何か仕事をしながら、やっぱりあの好きなことをしておけばよかったとか、いやだなとか思っているときは、心のなかに生じる摩擦のためにエネルギーを消耗するものである。このために、あまり仕事をしていない割に疲れるということになる」河合隼雄『こころの処方箋』

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 21:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

片交 通行止め

5時すぎ、鳴り続けているアラームで目を覚ました。
7時50分、現場着。事務所の鍵を開けていると、元レーサー隊長と自称ベテランが来た。看板、カラーコーンを現場まで運んだ。運び終わって信号の下でしゃがみ込んで一服した。今日は信号から少し離れた立坑の掘削。
脚がしびれたころ立ち上がって配置についた。信号側につく。
片交開始。信号から十数メートル離れただけでかなり車がスムーズに流れる。自称ベテランが多少ミスをしてもストレスを感じない。
10時15分、トイレ休憩。
11時50分、ユンボが規制から出た。開放。看板を置き場に片付けた。午後は公園脇の通行止めになる。
「看板とか用意しときますから、休憩入っちゃって。1時までに現場に来てもらえれば」元レーサー隊長に言われた。
公園に行った。
13時、看板を立てて横に立った。管と人孔の接続部分の仕上げと止水。時間が過ぎるのをただ待つ。立っていると思う、働きたいと。
15時、小学生の下校時間になった。人孔の横に移動した。中をのぞき込んでいく小学生に「さようなら」を連呼した。
15時20分、人孔を閉めた。看板、カラーコーンを置き場に片付けた。事務所に戻る。着替えて終了。

「文にもあらず、武にもあらず、能もなく、又、芸もなし。」『平治物語』

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 19:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

片交

5時、起床。音楽を聴いていたはずだ。が、何も感じない。空白だった。歩いて行ける下水道工事の現場。
現場着。元レーサー隊長と自称ベテランがいっしょだった。
「今日は、昨日に引き続き立坑の掘削」元レーサー隊長が説明された。現場に行くと、信号から10メートルくらい離れたところに覆孔板が敷かれていた。やることは片交で変わりはない。信号から離れた分、渋滞しなくなるのか。考えようとしたけれども止めた。まっ、いいや。片交をやれば分かる。たぶん、想定を超すことはない。コンビニのバイトはもう少し新鮮な気持ちでできるだろうか。
9時近くになった。このタバコを吸ったら配置につこう。タバコに火をつけた。
作業員が来た。交差点の曲がり角にカッターを入れて、掘削することになった。地中に埋まっているシートパイルを確認するための試掘だった。
12時10分、昼。図書館に行った。
13時すぎ、役所の立ち会い。13時40分、埋め戻し。14時半、仮舗装が終わる。14時50分、ユンボが置き場まで戻った。仮舗装した場所をカラーコーンで囲って開放。仮舗装が冷めるのを待つ。
元レーサー隊長と自称ベテランは看板、カラーコーンとバーを片付けた。その間、仮舗装をした場所に立っていた。
15時半、事務所に戻る。終了。

わずらわしいだけだった。

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

休み

9時、頭が痛い。起きて眠剤を飲んでまた寝た。一日の大半を眠って過ごした。

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

片交

6時、起床。
7時45分、現場事務所着。禿スモーカーと元レーサー隊長がいた。一応、朝のあいさつはした。考えていたことは地元の派遣会社に登録するか、近所のコンビニでバイトを探すか。
バレボ隊長が来たところで元レーサー隊長から説明があった。推進工事をしている場所の横にあるU字溝を開削する。そのため片交の距離が伸びる。昨日との違いはそれくらい。
「一人が専属でついてもらって、歩行者誘導とダンプの出入り」元レーサー隊長は禿スモーカーに指示していた。
8時すぎ、ユンボ置き場から看板、カラーコーンを信号の下まで運ぶ。配置につくまでしゃがみ込んで一服していた。
9時、片交開始。
「止めるんじゃねぇよ、馬鹿野郎、この野郎」とドライバーに言われた。
10時、元レーサー隊長がこちらに向かってきた。「トイレ休憩と中見ててくださいよ、30分」
11時半、「昼入っちゃって。1時間でいいですよ」
図書館に行く。
「工事多いねぇ、この通り」ドライバーに言われた。
「そうですね」と答えておく。
14時15分「15分休憩」
15時10分、工事中止して開放。推進の管が埋まっているシートパイルにぶつかって、進められなくなったためらしい。
看板、カラーコーンを片付けて終了。

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

片交

6時、起きた。
今日も同じ片交。県道の推進工事だけなので、3人。
7時40分、現場着。元レーサー隊長、バレボ隊長が来た。バレボ隊長はさっそく言う。
「滞納してた家賃払ったよ」
「生活費?」
「金がなくてさぁ」
「派遣でもやればいいのに」と言ってみた。
「今すぐは無理だけど、絶対辞める」バレボ隊長は断言した。
8時半、看板、カラーコーンを置き場から運ぶ。信号の下に用意した。業者待ちの間、一服。さらに一服。配置は昨日と同じ。交差点側にはバレボ隊長が着く。
9時、業者が来て片交開始。電柱工事を県道でやっていた。それも片交だった。バレボ隊長は車が詰まったり、来なかったり出方交がやりにくそうだった。私はバレボ隊長の指示通り車を流したり止めたりしているだけ。
12時、「45分で昼に入っちゃって」もトレーサー隊長に言われた。図書館に行く。
時間通り戻った。「電柱工事が近づいて来たから、信号1回交代にした」とバレボ隊長に言われた。
12時15分、バレボ隊長は30分で休憩を切り上げて戻って来た。
14時、「トイレ休憩。2時半まで真ん中にいて」トイレをすませてから作業のそばにいた。
15時35分から「15分休憩」図書館に行った。
16時40分、開放。看板、カラーコーンを片付ける。事務所に戻る。17時、終了。

「実務経験がある方歓迎」派遣会社のマイページで仕事検索すると、この一文がかなりの確率で出てくる。それだけでへこむ。実務経験などない。人生を無駄にすごしてきた。売り物になるような経験はない。

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

片交

今日は歩いて行ける下水道工事の現場。7時45分、現場事務所に着いた。元レーサー隊長、福島弁隊長、ワンカップ隊長、禿スモーカーがいた。
「おはようございます」それ以上の言葉を発するのは、もう無理だった。
元レーサー隊長から説明を受けた。「県道で推進工事があるから片交に3人。ワンカップ隊長と禿スモーカーは別班で通行止めに」
8時すぎ、ユンボ置き場から看板、カラーコーンとバーを信号の下まで運んだ。準備を終わって一服。配置につく。ガードレールに腰掛けて、業者を待った。業者がユニックとダンプを止めてから、ひたすら片交だった。信号があるから車を流せない、渋滞する。ほかに問題はない。
10時、「15分、一服タイム」元レーサー隊長が言う。座り込んでブロック塀に寄りかかった。やる気が出ない。
11時半から1時間の昼休憩。近くの図書館に行った。真っ先に喫煙場所を目指した。
12時半、片交に戻った。
14時半、作業近くに配置を換わるように元レーサー隊長に言われた。「そこで一服してて」
15時半、片交に戻る。
16時10分、「4時半まで中やりながら一服してて」作業近くに行った。
16時半、片交。
17時、開放。看板、カラーコーンとバーをユンボ置き場に片付けて事務所に戻る。終了。

精神病院に入院したい。感情を薬で麻痺させてまで交通誘導員をしていたくない。

コメントありがとうございます
posted by 鬱警備員 at 22:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。