2013年08月14日

休み

コメントの返事だけします。

イニさんさんへ
警備会社には、期待できません。現場が当日に変更になるなど、ざらです。ただし警備会社は請負先に異常なほど気を使います。絶対逆らいません。そのしわ寄せが現場に来ます。

さとるさんへ
社長に馬鹿にされていると感じるとメールしました。
社長から返事はありませんでした。被害妄想なら病気の症状がでたということ、事実なら救われないということだけです。
posted by 鬱警備員 at 20:05| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世の中お金だと思いますか
Posted by % at 2013年08月14日 23:37
解ってるなら、何故派遣で仕事をして差が有ることをしない。通りすがりの使えない警備員さんも私も色んな仕事をして書いている。著名人の文言にしてもそう、若輩者が書いたとしても、それは経験をしたから書けることである。してもいないのに引っ張り出して書くのは不快に思う。
カビうどん屋(丸亀製麺)は、来年のお盆休み期間は絶対に入らない(寮からアパートに引っ越す)ようにする目標が出来た。
警備会社は最悪大手と業務提携してないと、請け負い先に打撃を与えられない(大手が絡むと請け負い先の評判が落ちる、影響力が大きい)
中規模以下になると、了解ですで終わり(歯向かうと入れてくれなくなる、影響力がない)
警備会社のことは、夜行ってるスーパーの店長に言った。
私の住んでる地域の場合、全ての仕事(派遣、パート)で直行直帰になるので凄い迷惑、だから私が勤めてる警備会社には若い人が居ない。ある
Posted by イニさん at 2013年08月14日 23:40
馬鹿正直にメールしようが、
直談判しようが、言う訳ないでしょうが。

それが、あなたへのこの会社での存在価値なんだからさ。

もし、私が経営者で、
どうしても人を切らないと行けないとしたら、
それが、イニさんや使えないさんと君とを比べたなら、
私なら、イニさんと使えないさんを切ります。
イニさんが、どうのこうのじゃ無しに、
あなたの背中には、お上からのネギを背負ってるから。

それを分かってるから、悪態を付いてるんでしょうが。
俺は、なんて恵まれてないんだと形だけの愚痴を書いて、それを真に受ける人に、
そうなんだよ俺は不幸なんだよと、
見せ掛けだけの不幸自慢してるだけなのにね。

イニさん達は、この底辺からなんとか抜け出そうとして、下げたくもない頭を下げて仕事して、
光明が見えてきてるのかもしれませんが、
こういう人は、何年経とうが、ここに居る限りは、
社長他から守られて、心地いいからね。
もっとも、上の方は、キラキラキラの為ですがな。

歳を取ったら、ナマポ受ければええんやしね。
気楽なもんだわな。

手帳持ちなら、ナマポを受けるのは、
さほど難しい事では無いしね。

イニさんや、使えないさんが、汗水垂らして、
下げたくもない頭を下げてる横で、
俺は不幸だぁ!でも、ナマポ有るから余裕だけどね。
さて、形だけの仕事をするか。。。ムカつく!
ネットで書いてやる!しくしく。。。
鬱さん可哀想。。。分かってくれる?俺の気持ち?
これの繰り返しだけなのにね。

ホント、狸には、困ったもんですな。
Posted by さとる at 2013年08月15日 06:51
鬱さん。
鬱さんは就職氷河期で仕方なく今の仕事に就いたんでしょうか?
それとももっと先になりたい職業があり、果たせず仕方なしに就いたんでしょうか?
いずれにせよ、まだ卑下する年齢ではない、ジタバタも悪足掻きもできない私から見れば可能性も未来もある年齢ではないですか。
ここは貴方のサイトです。
自分の日記に何を書くのも貴方の自由です。
それについてただの読者である私はとやかく言う気はありません。
ただ、もう少し自分を大切にしたほうがいいです。
コメントを寄せてくれる常連さんたちがついついきつくなるのは、自分を何故大切にしようとしないかという歯がゆさの裏返しだと思います。

自分を大切にすることはうつ病云々とは関係ありません。
むしろ、そういう病気だからこそ自分をもっと労わる気持ちを持ってください。
でないと自分が損します。
まだ鬱さんには可能性も未来もあります。
自分で遮っていちゃダメです。

Posted by 通りすがりの使えない警備員 at 2013年08月15日 20:07
ブログ見たけど、散々俺をバカにしてるね。
不真面目なあんたが、真面目にやっている俺をバカにする資格はないね!!!
Posted by 落武者 at 2013年08月17日 21:12
別にやりたくないならさっさと辞めれば良いんじゃないですか?
Posted by よし at 2013年08月18日 12:31
警備の仕事を底辺だと バカにしているのは 結局 鬱さんの性欲のせいではないでしょうか? 自分はまだ若いのに…モテたい。sexしたい。女っ気のある仕事がしたい!だからこんなガードマンの外仕事嫌だ! みたいな(笑)
Posted by 主婦 at 2013年08月18日 18:45
私も元交通誘導警備員です。今は別のアルバイトしながら職業訓練校に通っています。お金を貯めて寮を出てバイトをしながら訓練校に通うってのはどうでしょう?下は10代、上は50代と皆就職に向けて頑張っております。きっと鬱サンも違った道が開けると思います。
Posted by HBK at 2013年08月18日 21:54
鬱さん、コメントしなくなっちゃたじゃん。
大丈夫かな〜。
Posted by at 2013年08月20日 06:02
初めまして!

コメントするのは初めてですけどいつも鬱さんのブログ拝見してました(^-^)

色々な意見のコメントがありますが、自分は鬱さんを応援してますよ!
Posted by アツシ at 2013年08月20日 20:24
鬱ブログ読んでましたのに
Posted by 號 at 2013年08月22日 00:42
日記書く書かないは鬱さんの自由だけど、コメント書いてくれた方々にはせめてコメント書いてから止めたらどうですか? 失礼ですよ
Posted by at 2013年08月22日 16:43
こんなに書かれてコメントなんて出来るわけないだろう!
苛めに近いぜ!
大人げない・・・・!!!!!!
Posted by at 2013年08月22日 20:50
このブログも終わりですか? 楽しみにしてたのにつまんねーの
Posted by at 2013年08月24日 22:00
鬱さんの次のステップへの準備期間と思ってブログの再開を待っています。
あるいはブログはもう必要ないかな・・・わかりませんが。

ここからは私の愚痴。
今入っている現場の所長のいけ好かなさがハンパない。
小うるさいのは仕方ないとしても、現場の周囲をセカセカ動き回りゲート前の私を一瞥して中に入っていくときの目があきらかに各作業員とは一段二段見下した目つき。
所詮、ローテで現場が変わりそのつど質の異なる下層警備員を、いつも目にする熟練作業員と同じ態度を取るはずも無いけれど、それにしてもここまで露骨な所長は初めてです。
来週、木曜まで入る予定ですが鬱さんじゃないですが愚痴のひとつも書きたくなった次第。失礼。


次に行くにせよ、留まるにせよ、焦らずじっくりと考えて決断したら即動くがよいと思います。
ではでは。
Posted by 通りすがりの使えない警備員 at 2013年08月25日 07:31
ブログの更新がない…と、言うことは、鬱が辛くなったからなのでしょうか?

それとも、他の進路が決まり、日々忙しい毎日を過ごしている為に、更新が出来なくなったからでしょうか?



何れにせよ、警備の仕事をバカにしている内容もあり、時より腹立たしくなったりもしました。


自分は、どんな職業においても貴賤はない!と信じています。

交通誘導員がいたが為に、自分は命を救われた事もありました。夜中のジョギングで、危うくユンボの旋回に巻き込まれる…といった経験をしました。

体の小さい自分は、時よりユンボのオペレーターさんから、見落とされる事があり、ほんの少しだけ早く自分が走っているのを、走行中の警備員が気付いて下さり、適切に誘導して頂いたので、自分は無傷で済みました。

この一件は、仮歩道があるにも関わらず、その存在に気が付かず、迷った挙げ句に規制内に入ってしまった時にあった話です。

その自分を早く発見し、ユンボのオペレーターさんに、警笛で合図して下さり、旋回を止めて、自分を仮歩道に案内して下さりました。


本当にあの時は、誘導員さんが居て下さり助かったと思います。


中には、そのように、交通誘導員さんが居て下さったから…と、存在を肯定している者もいる事…。何でもない当たり前の生活を送る事に貢献している…と、思う者もいる事を忘れないで欲しいです。



自分は、本業の水泳のインストラクターの副業で、交通誘導警備に従事してますが、やはり、あの時の自分と同じ目で見て下さる者がいらっしゃる…と分かっただけでも、嬉しい気持ちになります。


だからこそ、こうしてお金を頂く限り、職業に貴賤はないと信じています♪。


もう少し、ご自分自身を評価してみたら如何でしょうか?


もし、次回更新の際には、少しは元気になった姿を感じたいですね

Posted by ノコノコ at 2013年08月31日 02:16
鬱さん。
どうも私たちは、いや私はコメント欄まで雑用建築現場にしてしまったようですね。
息も継ぐ間もない、というか息も抜けない場所にしてしまったようです。
このブログで息を抜けなければ鬱さんの意気の抜くところは書くことをやめることしかない。
わかっているふりをして、全然わかっていなかった。
折に触れ過去ログを読んでいます。
自分を大切に、などとよく言えたもんだと自分の不明に恥じながら。
Posted by 通りすがりの使えない警備員 at 2013年09月12日 19:44
警備員も、期間従業員化してしまいました。先日寮で先輩方が「過去にうちの会社で誘導したこと無い奴は入れるなと、責任者クラスが言ってた」行けなくなる作業現場。派遣の人から新しい仕事を紹介してもらったので来月そちらに行きます。
内勤には、待ってたら生活出来んと言いますわ(笑)
Posted by イニさん at 2013年09月15日 11:10
こんばんは。
警備の仕事は辞められたような感じがしますが、合っていなかったのでしょうし良かったと思います。
私の場合はですが、難しく考えても身にならない‥‥私の生きる目的はただ楽しく生きることなのですが、難しく考えると、結果的に楽しい方向に行かないことが多いので、あまり考えて言葉にしたくないのですが、私も昔警備の仕事をしていて、あなたととてもとても近い感覚を持ってたのですが、なかなか辞められなく、20代をほぼ全て使いました。
今はやりがいのある仕事をしてるのですが、トータル的にみたら確実に今の方が不幸な気持ちになることが多いです。
私は漠然と何を選択しても、年齢と共ににつまらなくなる説が少なくとも私にはあると思うのですが、私は鬱病とかではないようなのであなたに当てはまる事なのかわかりませんが、自分を不快にする、目の上のたんこぶは取るという行動を時間がかかっても、それが結果的にさらに不幸にすることになろうとも、して行くしかないと思います。
警備を辞めた選択でより不幸になろうとも、あなたが不快に感じる大きなたんこぶだったのは明白なので、結果的にそれで不幸になろうとも、私は成功だと思うし、単純な稚拙な発想かもしれないですが、幼稚園児みたいに、ただ不快なことがあるから排除し、それでより地獄を見るかどうかは運まかせ、って感じで私はやってます。
私の今の悩みは警備さんのように、以前の私のように辞める辞めないとかのようにはっきりしたものでなく、人間関係で地獄を見ていて、はっきりとした方向性や答えもいまいち分からないので、相手が離れられない人間の憂鬱ってすごくやっかいですが、漠然と下降して行く気がしても、少しでも下降しないように踏みとどまらせ、上昇することを夢見てます。
Posted by あい at 2013年09月24日 02:01
ブログ再開の日を心待ちにしております。
Posted by こうた at 2014年12月15日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372007874

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。