2013年08月02日

片交

5時前、アラーム前に起床。
6時半、会社に行く。社長の運転する車で現場に向かった。居酒屋チェーンの店舗の外構工事。一人現場。業者を探してあいさつをした。
「今日は、裏手掘って片交にするから。あら、ガードマンさんの休憩ねえや。ははは」と監督に言われた。
8時半すぎ、作業員に言われる。「すみません。車きたら片交にしてください」
駐車場出入口前にカッターを入れて、舗装を片面めくる。本復旧工事らしい。
9時半、舗装をめくり終わった。ずっと片交の振りをしていた。
10時、作業員は休憩に入った。
「ガードマンさん、どっかその辺にいる職人に赤いのを渡して、休憩ですって言えばいいから。目を合わせた人に渡せばいい」監督が笑いながら言う。
「あははは、そしたら、俺らガードマンさんに背向けて仕事しますよ」と作業員が返事をしていた。
ここで何か気の利いたことを言えるような人間ではないので、笑っていた。
10時半、粒調を敷き均して転圧。相変わらずひまな片交。
作業員は転圧を終えると、砂ですりつけした。
「昼になったら、片交の看板ふせてもらって、すりつけて通しますんでカラーコーンをセンターに置いて、しばらく休んでもらってまた見てもらえれば」作業員に言われた。
12時、監督が来た。「あぶねぇな、ここ。閉じとこう」
「はい」片付けた片交看板を元に戻した。
「2.5メーターしかねぇから。ここ許可受けた大型が通るからよ。いるよ、ここで見てっから、行ってきていいよ」監督に言われた。「いいよ、休んで。30分くらい」
「はい」
12時半になる前に戻った。「戻りました」
「あまり通らねぇな。勝手に片交して行ったよ」監督は昼に入った。交通誘導員は車が勝手に片交して行くのを眺めているのが仕事だ。あーっ、つまらない。
13時、作業は駐車場の路盤。
14時、合材を取りに行くためにダンプが出ていった。眠い。タバコを吸って眠気をごまかした。作業員は路盤を一段落させて休憩中。話を聞いていると、役所の立ち会い待ち。
14時40分、役所が帰ってから、乳剤を塗って、砂を撒いた。
15時すぎ、合剤着。
ローラーでの転圧が終わったのが、15時40分。
16時、作業員は片付け、シールコートをしながら、鋪装が冷めるのを待っていた。
16時20分、「終りっす」開放。
作業員の集まっているところのいくと、サインの手つきをされた。走ってカバンから伝票を持っていく。サインをもらって終了。
頑張れないのに、頑張っていないのに限界とはどういうことだ。

げんたさんへ
現場ごとの自分絶対のルールを作ってしまうのが隊長です。善し悪しの問題ではなく、そうなります。

通りすがりの使えない警備員さんへ
未来はないです。もう、ないです。
祭りはよさこいや御輿、纏、サンバいろいろな祭りの寄せ集めでした。

イニさんさんへ
祭りはなんの情報も持たされず、現場に放り出されるのが嫌なのです。決まった内容を広報して、あとはいるだけです。派遣の場合はどうなのでしょう。
【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
派遣の場合は、開始時間前にミーティングして、始まったら、それぞれの担当場所で雑用するのがメインになります。販売係や案内係、あとごみ収集係や請負先から言われる雑用係くらいですかね。私服での作業が多いので、請負先の人が休憩と言えば祭が楽しめます。
序列は、請負会社の社員や関係者、派遣会社社員、祭りの経験者、初めてやる人になりますね。規制解除前の机イス、テントなどの片付けは、請負会社関係者の言葉使いが荒くなりますが(時間との戦い)基本的には、楽しく出来ますね。
祭りの運営に関われるのと(派遣)
ただの道からはみ出すなとか注意などする(警備員)の差ですかね。
Posted by イニさん at 2013年08月03日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370962038

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。