2013年07月22日

雑用建築現場

3時、起床。
6時15分の電車に乗る。すでに帰りたいと思った。7時半、現場着。KYをもらって書いた。一服する。今日も残土出し。
8時、朝礼の時間になっても作業員が来ない。朝礼会場で待った。ダンプの方が先に来た。
8時半、作業員が来た。朝礼。残土出し、重機回送、仮設材の搬入がある。朝礼後、二ブラーの搬入があった。
運転手が言う。「2台もダンプいるの?」
「作業員さんが遅れて来て。作業が始まってないんですよ」
二ブラーの回送車が路上にいる。一般車両が来る。場内のダンプがバックするのを待つ。ダンプがバックする。回送車を入れる。
「たぶん、また午後来るから。ユンボ出すって言ってたから」回送車の運転手が言う。
「はい」
9時半、4台目の残土ダンプが出た。次のダンプが来るまで間が空く。腹が減った。コンビニまで行った。パンと缶コーヒーを買った。コンビニで食べて戻った。戻って一服する。
10時、休憩。テントで休んだ。吸い殻入れを前に置いて、コンパネに座った。続けざまにタバコを吸った。交通誘導員に慣れるということはサボるタイミングがわかるようになるということか。
10時半、ゲートについた。監督が来た。「仮設材があと10分、15分くらいで着くみたいで」
「はい、わかりました」
11時すぎ、仮設材の搬入が終わってから一服した。
11時20分、残土ダンプの2周目が始まった。12時前、2周目が終わった。コンビニに行った。
12時半、ゲートに戻った。ちょうど砂利搬入のダンプが入るところだった。出入りを見た。
13時、昼礼。
14時、3周目の残土ダンプを待ちくたびれて一服した。
14時半、また一服する。
15時を回ってからようやく残土ダンプが来た。建材屋のトラックも来た。別途工事の電気業者も来た。重なるときは重なる。建材は監督の指示通りの場所に降ろしてもらった。監督に電話して電気業者と話してもらった。
15時半、所長と約束していた躯体業者の職長が来た。この人とも顔なじみ。
16時、躯体業者のユンボの搬入があった。外構業者のユンボを搬出するための回送車が来た。外構業者はユンボを使って作業している。場内で待機。
16時半、ラーメン屋の角の自販機まで行った。缶コーヒーを飲む。
16時55分、やっと外構業者はユンボを積み込んだ。
「ユンボ出せたよね」回送車の運転手が舌打ちした。「段取り悪いよね。すぐもう1台来るから」
17時10分、2台目の回送車が出た。終了。つまらない。一日がとてもつまらない。

抗ったり、あがいたりするのはやめようかと思った。その方が楽に違いない。諦めればすむ。それで楽になる。あてがわれた業務をこなしさえすればいい。
抗鬱剤を飲み続ければ、人生を諦められる。

>頭で考えるだけで、行動に移らないのですね。仕事休んで旅行にでも出たらどうですか。気分転換できますよ。気持ちも楽になるはずです。
心療内科でも旅行に行ってみてはどうかと言われました。行き詰まってます。

イニさんさんへ
動こうとする気持ちも失せました。駄目です。

通りすがりの使えない警備員さんへ
疲れました。今できることは流されることだけです。

>鬱さんの警備会社の隊員も新規入場する時はヘルメットにシールを貼らされたりする事はあるのでしょうか?
シールを貼らされます。雑用建築現場では終わった現場のシールをはがせと言われます。だからヘルメットにシールを貼りまくることはありません。いつも2、3枚貼ってます。
【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの県で県内一待遇の悪い警備会社に何故応募があるのだろうかと考えると、
ネームバリューと警察の制服に似ている事が影響していると思います。
個人的には紺系が好みでオレンジ系は好みではありません。
交通誘導員のモチベーションは制服が影響していると思いますがどう思いますか?
Posted by at 2013年07月22日 21:46
葬儀の駐車場警備から戻ってきました。
昨日の通夜は午後からとはいえ、夕方5時から入った駐車場のアスファルトは本当に暑かった。
今日は涼しくて通夜ほど車両が入らず、お寺の駐車場は夕刻の薄暗さと合間って閑散としていたせいか、車を降りて葬儀会場に向かう喪服の参列者を見ながら、ふと自分の親父の葬儀を思い出していました。


>>疲れました。今できることは流されることだけです。

精神的に疲れているときには他のことは面倒くさくなるものです。
焦らずゆっくりじっくり体調の良いときを見計らって、動いてみたらいいと思います。
誰がどうこう言おうが、鬱さんの人生は鬱さんが自身で決めることです。
私らには人様の人生をああせいこうせいと指図する権利も資格もありません。
たまに悔いの無い人生をを送れたらそれで充分だ・・・なんて言う人がいますが、その時点で後悔しているわけで、こけつまろびつ足掻いて流されてのた打ち回って生きること、恥をかいて終えるのが人生だと思えば少しは楽になるんじゃないでしょうか・・・ね?







Posted by 通りすがりの使えない警備員 at 2013年07月22日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369979029

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。