2013年07月18日

雑用建築現場

3時に目が覚めた。もう一度眠ろうかこのまま起きていようか迷う。結局、起きていた。youtubeでずっとせせらぎの音を聞いていた。
7時5分、現場最寄り駅から20分歩く。現場着。腹が変。さっそくトイレに行く。テントの下で一服。他の雑用建築現場で顔見知りになった監督がこの現場に移動になっていた。KYをもらって書く。
8時、朝礼。外構業者がすき取りをして、その残土を出す。電気屋と外構業者は所長、監督を交えて打ち合わせをしている。ゲートに行った。
「ガードマンさん、バックで入れてもらっていいですか、ダンプ」外構の作業員に言われた。
8時半、残土出しダンプの1台目が来た。2台目が来るのを待って1台目が出た。3台目は場内待機。2台目が出る。3段台目はバックする。4台目が来て場内待機。
4台目が出ると、外構の作業員がゲートに来た。
「どれくらいかかるかな、ダンプ」
「どこまで持って行ってるんですか」
「知らない。3回くらいしか回れないって言ってたよ」
「4台かける3回ですか」
「そう。次、11時ころになるのかな」
「そうですね」ダンプは11時すぎまで来ない。コンビニに行く。缶コーヒーとゆっくりタバコを吸う。
9時40分、ゲートに戻る。コンクリート二次製品の搬入があった。搬入が終わる前にテントで一服する。搬入が終わってから10次の休憩の続き。外構の作業員に缶コーヒーをもらった。
10時半、あと30分以上待つのかと思いながらゲートに向かった。曇り空が晴れて暑くなってきた。
11時50分になったとき、外構の作業員に言われた。
「ガードマンさん、あと10分くらいで来るらしいんで、休憩ずらしてもらっていいですか」
「はい、わかりました」ようやくダンプが折り返してくるのか、いるだけの1時間半だった。
12時すぎ、1台目が折り返してきた。12時50分、8台目が出た。2周目が終わった。テントで一服する。一服し終わるとすぐに昼礼になった。昼礼後、監督が来た。
「ようやくお昼です」と言ってみた。
「まさか3時間後に来るとは思わなかった」
「そうですね」
コンビニに行った。13時40分、現場のテントに戻った。暑い。
14時、あと1時間は来ないのにゲートについた。日陰が全くない。風もない。陽にさらされていた。
14時40分、外構業者が休憩に入った。自販機のある場所まで行った。通りに出た角にラーメン屋があり、そこに自販機がある。ラーメン屋のベンチに腰掛けて休憩した。午前中、涼しかったから午後の暑さはなおさらこたえるのだが、暑さよりも何もしないで立っている方がつらいと思った。
15時15分、ゲートに戻った。15時半、ダンプの3周目が始まった。長い待ち時間だった。
16時すぎ、12台目が出た。一服する。
「ダンプ終わったんですけど、12台」監督に言いに行った。
「じゃ、事務所もないし、綴じるものもないんで」
「サイン、お願いします」16時15分、終了。

やらないからできない、のではない。できないからやらないのだ。できないことを認めたくないからやらないのだ。

>バカと組んだ隊員は苦労して、もうバカとは組みたくないと言って、バカは何もしなくて良いポジションに入れられ、どんどん楽なポジションへとシフト行き、めちゃ嬉しそうなんですけど。
私はバカをおだてることにしました。バカは褒められることがないので、おだてにはすぐに乗ります。できなさそうだったら、わざと「できない?」と軽く聞きます。バカは必死になってやります。

イニさんさんへ
向き不向き、適不適はどのあたりにあるのでしょう。考えてしまって、行動に移せません。やってみなければわからないのでしょうが。
【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 19:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>向き不向き、適不適はどのあたりにあるのでしょう。

横からすみません。
使う側は出来るか出来ないかを一定の期間で測るマニュアルを一応持っていますが、個人差はあれいきなり完璧に出来る人はまあ稀です。
大抵出来っこありませんから、ひととおりやらせてみてとんでもないミスも一度は看過して繰り返さない程度の学習能力があれば小さいミスは目を瞑って、この新入り見込みはありそうだと判断され使われ続けるはずです。
ですので一番良いのは、経験のある仕事から手をつけてみたらいかがですかと言っているんですけどね。
鬱さんは新しい仕事に就いた場合ミスすることを恐れ、警備員のナマクラ仕事で普通の感覚が鈍っているのではと躊躇しているようですが、心配することはありません。
ミスをしない人間はいませんし、どこに行っても警備員の仕事でお目にかかる奇特な人たちは居ます。
鬱さんがそう思っているように、向こうもそう思ってお互い本音を隠して他愛もない世間話で茶を濁す。
そういう仮面の世界で正気を保とうとするなら恥を捨て、俗世に塗れバカになることです。
バカを見下ろすプライドがあるうちは踏み切れないでしょうね。
鬱さんの敵はうつ病ではなく、自意識過剰だと私は思います。
警備員ができるなら他の仕事だってできます。
他の仕事をやってきて警備員に堕ちた私が言うのは変ですが、ね。

偉そうに言ってしまい申し訳ありません。
Posted by 通りすがりの使えない警備員 at 2013年07月18日 20:09
官制はバカをおだてて使ってましたね。バカは美味しい現場かどうか判断出来ず断らずに行きますから。

ネームバリューある大手グループの警備会社は施設警備員も交通誘導員も制服が同じで現任教育で、支社に交通誘導員がぞろぞろ行くと、施設警備員からしかめっ面で見られました。何か思われているんでしょうね。

後、交通誘導の営業もしてないみたいです。他社の断った余り物の仕事を貰っているのでしょうか。だから閑散期と忙繁期の波が凄まじいです。

また折角ボケ老人を解雇してもまた同じようなのが入ってくるみたいです。駅の工事で立証してるのを見たら一発でわかりました。
Posted by at 2013年07月18日 20:46
通りすがりの使えない警備員殿が私の書きたいこと書かれたので、ネタがない(苦笑)
強いて書けば、着ぐるみの仕事ですかね。ゴールデンウィーク5月の3〜5日のみですが、今年で3年目になりました。当初、友人からは「金を貰うのは解るけど、お前はプライドあるのか?」とか言われたり、子供に叩かれたり、蹴られたりしてふて腐れてして写真撮影を受けてたら「愛想が悪すぎる」と客から言われたりと、散々でした。今でこそ楽しく出来て「慣れてるな、馴れ馴れ過ぎやで」とか言われましたけどね。
学生時代レスリング+筋トレ好きで、パワー系(子供に抱っこやプロレス)したりして楽しくしてますけどね。youtubeでプロ野球などのスーツアクターの動きを研究したりして、依頼された日に研究してますけどね。
でも一番は島野修さんでしょうね。検索したら解りますけど、日本で着ぐるみ(スーツアクター)を定着させた方です。
する以上は、あそこまでは及ばないけど、来年も来て貰おうと努力してます。
そこを基本に他で来たときの着ぐるみの仕事をしてますけどね。
Posted by イニさん at 2013年07月19日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。