2013年07月09日

雑用建築現場

4時半、目が覚める。6時半の電車に乗る。現場最寄り駅で今日の相方と待ち合わせる。いつもは路上待機の生コン車を一人で見ていた。今日は安全パトロールがある。その対策のために二人にしたのだろう。
合流を会社に連絡する。相方は落武者だった。会って一言目に言われた。
「最近、元気がないからなぁ」
現場着。KY、伝票を書く。
朝礼。生コン30台前後。1階土間、柱と屋上の電気、設備の基礎コン。仮設材のパレット回収がある。10時半ころに安全パトロールが来る。
8時20分、落武者といっしょにゲートについた。待機していたモルタルを入れた。落武者に説明した。
「生コンが道路に待機するから、その間片交」
「うん、片交ね」
1台目の生コン車を落武者がバック誘導した。2階バルコニーに取り付けられている仮設材にバックしている生コン車がぶつかった。
「あーあ、止めたのに」と落武者は笑っていた。ちょっと前なら、落武者にキレていたかもしれない。今はもう、どうでもいい。どうせ仮設だ。ストップと声を出して誘導灯を横にすれば、交通誘導員は免責される。落武者はこのことに気づいているのかもしれない。一応、ぶつけたことは会社に報告した。
10時半、安全パトロールが来た。
11時、管制が来た。誘導中、バルコニーの単管にぶつけたことを報告したためらしい。管制に説明した。
「バルコニーの一番手前にある親綱を張るための単管にぶつけた。鳶さんが直した」仮設だから、わざわざ所長に報告するまでもないと思っていた。が、管制は安全パトロールを案内している所長に報告するタイミングを計っていた。
デリバリが言う。「今待機してるのを抜いて、あと11台来ます。昼抜きでやります」
「はい」
管制が所長、監督に報告した上で、落武者に説教していた。
「ちゃんと叱っとかないと、次につながらないから」と管制は言う。
「はい、はい、はい、すみませんは謝ってるんじゃないから。口癖だよ」と言っておく。怒鳴っても無駄だろうと思った。自分が今のままでいいと思えば、落武者は変わろうとはしない。
11時半、管制は「慌てなくていいから。2回、3回切り返していいから」と言い残して帰って行った。
落武者を呼んだ。「生コン昼なしでやっちゃうから。45分昼で」
「今から?」
「そう」
12時、ポンプの段取り替え。落武者が戻ってきた。昼にした。詰所で一服、パンを食べて戻った。生コンは途切れることなく順調。
14時10分、25台目が入った。1階の土間はこれで終わりそうだった。落武者をゲートに呼び寄せた。
「1階は終わる。終わったら屋上をやるから」
「これから屋上やるの?」と聞き返された。朝礼で言ってたことだ。
「うん、だからたぶんもう生コン車来ないから、ここにいて。タバコ吸ってくるから」
「それじゃ、オレもオレも。オレもジュースとか買いたいなぁ」とはしゃぐ。管制に叱られたことは忘れているのだろう。
無言で詰所に行った。休憩を取らせないわけないでしょうが。
14時半、ゲートに戻った。屋上の生コン打設はやらないと落武者に言われた。落武者を30分の休憩に入れた。10分足らずで戻って来た。
「詰所に人がいっぱいいて、いずらくなった。ここにいるよ」
「生コン車はポンプ受けするからしばらく出ない。そのあと、ポンプ車が洗いやってから出る。ポンプが出た後、赤いユニックが来る。パレットの回収に来るから。事務所に行ってくる」
「赤い奴ね、オッケー」
事務所で溜まりに溜まった雑伝票の整理をした。
16時前には雑伝票整理を終わった。16時10分、監督が事務所に戻ってきた。聞いてみた。
「仮設材の引き取り来ましたか」
「いや、まだ。それはもう一人の監督がやるでしょう」サインをもらった。終了。
帰り道、沈み込んだ。

イニさんさんへ
派遣会社には交通誘導員の資格を持っていることは言ってません。恥ずかしくて言えません。諦めているから積極性がないのです。

通りすがりの使えない警備員さんへ
経験したものからいこうと思います。
【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雑踏の資格は言うべきだと思います。イベント誘導とかありますからね。警備員系に近い派遣の仕事をしたくないのは解りますけど、仕事を紹介してもらえないんでしょ!?だったらすべきじゃないですか。
警備員と同じ感覚でしても良いですけど、一緒に仕事してる方々は警備員じゃなく、主婦(夫)や他で正社員やパート・アルバイト、学生といろんな人が居ますよ。休憩時間とかに話したりしたら、ご自身にとってプラスになると思います。何かね、イベントに来る客ばかり見て憂鬱になるからしないと決めつけたりしてませんか。他の人が書かれたけど、派遣会社に居る内勤の偉いさん目線なんだよな、俺様隊長とかのせいで職業病になってしまってるだろうけど、直さないとダメですよ。
派遣会社から1日仕事の紹介なんか、何回も仕事に入ったりして経験を積むか、人が居ないない現場じゃない限り、紹介なんかして来ないです。
警備会社の交通誘導より派遣会社のほうが、仕事の紹介のほうが早いですから、紹介して貰って交通誘導の仕事を休みにしてしまえば良い。40歳の自分でも出来るんやから、大丈夫(笑)
Posted by イニさん at 2013年07月10日 00:08
>経験したものからいこうと思います。

それでいいです。
いろいろ考えるより、経験のあるものから慣れて次を考えていくようにしたらいいと思います。
私もいろいろやりましたが変に高望みして辞めて行き、ついにはガードマンまで来てしまいました。
鬱さんはそれだけは気をつけてください。
Posted by 通りすがりの使えない警備員 at 2013年07月10日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368746171

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。