2013年06月19日

雑用建築現場

6時、なんとか目を覚ます。7時半、現場着。いつものようにKY、伝票書き。
朝礼で搬入予定を聞く。鉄骨3台、デッキ1台。階段用仮設踏板が15時。朝礼後、一服して1ゲートに行く。ほどなく鉄骨が入った。出るまでの間にまた一服する。柱の搬入が終わると待っていたように梁を積んだトラックが来る。しばらく出ないとふんでまた一服。
ゲートに戻ると、所長がゲートの幅を測っていた。鉄骨を入口間近まで建てると、ゲートの幅が3メートルそこそこしかなくなる。所長はゲートが狭くなることを心配していた。ゲートの幅は交通誘導員には切実に関わってくる問題なのに、人ごとにしか思えない。
9時20分、3台目が入った。これで鉄骨は終わり。10時に出ていった。ゲートを閉めて休憩した。たぶん、午後までデッキは来ない。12時まで何をするか考えた。何もなかった。何もせず立っていることにした。時間は過ぎていくだろう。
11時、一服。11時半、一服。30分ごとに一服していた。
12時、公園に行った。10時半からタバコを吸う以外何もしなかった。
13時、昼礼。午後ラフターの給油がある。それだけが変更点だった。
デッキが入った。入るとすぐに一服に行った。14時半、デッキが出た。踏板が来るまであと30分ある。また一服。
15時、踏板をのせた赤帽が来た。5分で出た。3時の休憩にした。頭が痛い。台風が近づいてそれほど暑くもないのに、頭が痛い。
15時15分、休憩を切り上げて事務所に行った。言われる前に雑伝票整理をする。
15時45分、「終わりました。あとやることあれば?」監督に聞いた。
「トイレ掃除と詰所の掃除くらいです」
「はい、わかりました」サインをもらった。
トイレと詰所を軽く掃除して終了。

会社に対して従順なふりをするのに疲れた。会社をバカにしながら会社に従順なフリをすることは可能であ
る。適当に現場ではサボって、手を抜いている。それでもまだ、まともな交通誘導員扱いする会社が馬鹿だ。

さとるさんへ
社会保険事務所と役所に行ってみます。

どかちんさんへ
>金は命より重い。
まったく同感です。

>鬱さんは70歳まで交通誘導員をやっているような気がします。
その前にホームレスになっているような気がします。

イニさんさんへ
評論家になってますか。何に対しても切実でなくなっています。すべて人ごとのようです

マツダさんへ
たぶん眠剤の効き目がきれる時間だからです。

通りすがりの使えない警備員さんへ
逃げ道を見つける手段が見つかってないだけです。その勇気もありません。もしかするとストレスが沸点を超えるのが近いかもしれないと持っています。



【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 21:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寮で掛け持ちの人が居ないから、踏ん切りがつかないなだけでしょ?
社長がして良いと言ってるんやから、したら良いだけでしょ!!
取締役が何を言おうが社長のほうが上なんやし、派遣とかの仕事を経験したら良いんです。
寮は出れない、警備員辞めたい、これを一日繰り返したいだけになってます。
だから毎回取締役から警備員(交通誘導員)しか出来ないと思われてるんですよ。
で、周りに人が居ると不愉快な会話を聞かされる羽目になるんです。
社長からしてみれば「嫌な仕事を少しでも減らしたろとしてるのに動かんへん(派遣に登録して仕事)もんなあ」 ですよ。
Posted by イニさん at 2013年06月19日 22:43
警備会社としては一日をのり切れば、良いわけで、個人の事情なんて考えてないと思います。
Posted by at 2013年06月19日 23:21
会社に、収入証明書貰って、役所に行ってね。
これだけしか収入が無いから、
支払が難しくなって来てます。
これぐらいなら、毎月払えますと話してね。

社会保険事務所には、
全額免除から、順番に審査してくれるから、
確定申告だけは、キチンと出しておくこと。

その辺からの苦痛が抜けて来たら、
今の仕事をやるにしても辞めるにしても、
気分的には、楽になるやろうしね。
Posted by さとる at 2013年06月20日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366878541

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。