2006年12月15日

戸田

今日も0時半に目が覚めた。医者に相談した方がよさそうだ。

6時からテレビを点け、ふとんの上にあぐらをかき、ぼうっとする。30分経ってようやく動く気になった。まずタバコを2本吸う。次に、携帯の着信履歴を見た。中止を期待した。

池袋で埼京線に乗り帰るとき、大きなため息が出た。前の警備会社にいた頃と何も変わっていない。

U字溝の埋め戻し。4tダンプに残土を積み、ユンボで降ろしながらU字溝のわきを埋めていく。
10時、無力感を味わう。
10時半、埋め戻しが終わった。作業員は休憩に入った。
11時、苛立ち、怒りに似た感情になる。何に対して怒っているのか自分でも分からない。たぶん、自分自身に対してだろう。

住宅に向かう道路の入口に集水枡を埋める作業になった。以前敷いた鉄板を取りはずし、ミニユンボで掘削した。1メートル近く掘り、集水枡を埋めるときに邪魔になる既存のU字溝をカッターで切断した。砕石を入れ、転圧する。歩行者誘導をする。

12時、昼食。
会社から電話がある。Kさんだった。「明日、Iさんが行けないので、新人さんに行ってもらいます。現場の要領を教えてもらいたいんです」
「はい」
「施設警備の経験者です」
「何で辞めたんでしょう。後悔してるんじゃないですか」
「いろいろと事情があったんじゃないですか」
「教えるって言っても、何もないですよ。何もすることがなくて、精神的につらいです」と愚痴った。
「なくないんですけど、戸田方面がないんです。何か考えときます」という返事だった。何か考えときますは口癖かもしれない。

13時、Iさんの提案で、立つ場所を交換した。集水枡に位置から最も遠い。どんな作業をしているのか全く分からない。作業内容が何であれ、通行止め以外の機能を期待されていない以上、関係ない。

近所のおばさんに話しかけられる。「きれいになりますね。いろんなところで工事してますけど、きれいになるからいい」これがこの辺の住民の代表的な意見のようだった。
「こんにちは」とあいさつすると「こんにちは」と返してくる小学生が増えてきた。

15時半、鉄板を敷き直し、そのままユンボをしまった。通行止めの必要がなくなった。にもかかわらず、通行止めを続ける。この時点で帰して欲しいと思った。

16時15分、開放。何をするでもなくぼんやり立って、Iさんと二人で近所の人がどんな人か話していた。忘れられているような気分だった。

16時半、「帰っていいぞ」親方に言われた。監督は役所の担当者と打ち合わせをしていた。親方にサインをもらった。

帰りの電車のなかで、会社から電話がある。Oさん。明日、何時にどこで待ち合わせるか決めるための電話だった。
アパートに戻ると、会社のOさんからメールが来ていた。「先輩として指導お願いします」とあった。指導する気になれない。自分の身を戸田まで運ぶので精一杯だよっ、メールに向かって言った。


>携帯ゲームは何のゲームするんですか?
RPGです。


世界一性格の悪い警務員さんへ
>世界一性格の悪い警務員だが、あんたは立派に役にたってるんだぞ!!マイナスに考えてはイカン!誇りを持って工事現場人や周囲の人を守ってやれ!!地味だが凄い重大な役目なんだぞ!早く寝て明日に備えるんだな。
ことさらに難しい顔をして、交通誘導員がいることは無駄ではないとアピールしようとしてます。大袈裟な身振りをしたり、大声で歩行者に呼びかけたり。ですが、自分で自分をごまかすことはできません。


戦慄さんへ
>もし鬱さんが今、上流階級の仕事に
ついていたならば交通誘導員を見て
馬鹿にすると思いますか?
率直な意見を聞かせて下さい。
交通誘導員がどんなものであるか知ってしまった今では、交通誘導員を馬鹿にすると思います。交通誘導員を知っていて、しかも交通誘導員を馬鹿にしない人がいたら、尊敬します。
【関連する記事】
posted by 鬱警備員 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お返事ありがとうございます。知って
いたら馬鹿にすると言う事ですね?
知らなければ普通に接するのでしょう。

私も前に鬱さんと同じ仕事した事あります
から気持ちは分かります。ただ立って
いるだけとは拷問そのものですから。
症状が悪化するのも無理ないでしょう。

今回の転職で仕事自体が嫌いだったんだと
言っていますが、まだ四十歳そこそこ
ですよね?難しい所ですが仕事を
選ばなければいくらでもあります。
その中から小さい幸せを見つけていけば
いいんじゃないでしょうか?
Posted by 戦慄 at 2006年12月16日 11:51
最近、鬱さんは夢見ますか?私は変な夢ばかり見ます。夢は不思議ですね。
Posted by at 2006年12月16日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29696325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。